誕生オールインワンゲル

人気記事ランキング

ホーム > 妊活 > つらいつわりも何かに没頭するとなぜか楽に

つらいつわりも何かに没頭するとなぜか楽に

一生懸命になっているときは、キツイつわりも少し楽になることがあります。

 

 

 

会社勤めの人なら、会社のことに意識を向けるなら少し症状も和らぐかも知れません。

 

 

 

たとえば、コンサートに行ったり、仲の良い友達と話せば、その時間はつらさも薄れるかも知れません。外出することは気もちの切り替えに役立ちます。

自然豊かなところなどで、穏やかにしているとつらさも軽減されます。

 

 

 

月経がある女性は、お腹に赤ちゃんがいなくても、貧血はとても多くみられます。

妊婦に限ると、貧血の診断が10人中34人にもなります。

妊娠していると、胎児は自らの血液を生成するのに母親から鉄分を吸収しようとします。そのような訳で、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。

 

これによる症状が鉄欠乏性貧血です。

 

 

多くなるのが妊娠28週から31週の期間です。

 

 

 

貧血ではママ側の心臓がしんどくなり、動悸が起きたり、息切れを感じます。場合によっては、めまいや立ちくらみも起きるかも知れません。すぐに疲労を感じ、だるくなったり、顔色も青くてげんきなく見えます。

 

妊娠中の貧血が生じたとしても、ダイレクトにお腹の赤ちゃんの成長が妨げられる訳ではありません。でも、貧血を改善しないまま長く時間が立つと、胎児が成長していく上で問題となるかも知れませんし、それにママの健康も損なわれます。

つわりというのは、朝起きた際の空腹のせいで気分が最悪になることもあります。ベッドの横にチョコレートなど軽く食べられるものを準備して、起床前に軽く口にするならムカつく状態も幾らかなくなります。

活動中も極端な空腹に注意していつも軽く食べておくといいみたいです。

また臭みのあるものや油の多いものは入らなくてもサッパリ系やスッパ系は結構いけることが多いです。妊婦さんは便秘に悩むことが多いものです。分泌が活発化するプロゲステロンのせいで腸の運動が弱まってしまうのと、増大する子宮の大きさに直腸持つぶされ、動きにくくなっていくために起きるようです。

 

 

 

妊娠からくるプレッシャーなどストレスが原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)となることもあります。

活動する時間が減少するのもスッキリできない理由かも知れません。

 

吐き気を止まらない場合は、脱水症状がみられるかも知れません。

水分を摂るようにして下さい。

ごくごく飲むのが無理なら、少しずつでも補給してちょーだい。

 

 

スッキリ感のあるレモン風味などの味の飲み物ならベターです。

妊娠が発覚したらこれまでより小1時間ぐらい長く睡眠をとりましょう短時間日中に休むのもよいです。

便秘するとお腹のハリを感じたり、ムカッとしたり、お尻からガスがよく出たりします。さらに便秘とつわりの二つがもっと食欲を失わせるかも知れません。加えて、お通じの悪さから痔になるケースも多いですから、排便リズムを改善することが必要です。

便秘を減らすためには、お手洗いに行きたいのに無理しないことです。時間を決めておいてその時に必ず便所に行くよう習慣化しておくといいようです。

つわりで苦しい期間は、お腹の赤ちゃんの栄養面はまだ心配ないので、喉にスルスル入っていきそうなものを食欲が出てきたタイミングで食べましょう。

 

 

 

身内の人も妊娠悪阻に苦しむ人のそばでは、食べる物に注意して具合の悪くなるものは避けるようにしましょう。

 

 

 

そしてどういうことか、家庭でつくったものより誰かに作ってもらったもののほうが食べられることがあります。人気のオリゴ糖【妊婦編】